ミャンマーオフショア開発コンサルティングは、日本のIT企業のミャンマーオフショア開発子会社の設立を強力にサポートします!

Myanmar offshore development consulting, strongly supports the establishment of Myanmar offshore development subsidiary of Japanese IT company!

ミャンマーでのIT技術者採用に特化したコンサルティングを行っています。

豊富な採用実績で試行錯誤なしに効果的な採用ができます。

4社7回のミャンマー人IT技術者の採用実績があります。複数の媒体を組み合わせて効果的な募集を行い、IT能力適性試験、英語能力試験を行い、一次選抜を行います。英語能力の試験を行うのは、経験上、ある程度英語ができるほうが、日本語の習得が早いことが判明しているためです。二次選抜の面接では、お客様に経験に基づく適切なアドバイスを行います。その後の雇用契約、入社式まで手厚くサポート致します。

現地採用支援の詳細はこちら

会社設立や事務所立上げは他社の利用が可能

採用に特化していますので、会社設立や事務所立上げは専門の会計事務所などへ依頼して頂いて構いません。ご要望があれば、信頼がおける日系会計事務所や日系不動産会社をご紹介させて頂きます。すべて弊社が窓口となるワンストップサービスを御希望の場合も、もちろん対応可能です。

現地子会社設立支援(ワンストップ)の詳細はこちら

高い費用対効果が期待できます。

リーズナブルな価格で対応致します。

IT業界に特化したミャンマー進出コンサルティングを行っているのは、弊社を含め、二社しかありません。しかし、そのもう一社はワンストップ型の極めて高額なサービスしか提供しておりません。また、一般的な進出支援を行っている会社の多くは会計事務所であり、IT自体やミャンマーでのIT人材についての専門的な知識や経験がありません。弊社は、リーズナブルな価格で専門性の高いコンサルティングをご提供できる唯一の会社です。

何故ミャンマー?

優れた日本語学習能力

ミャンマー語の語順は、日本語とほぼ同じで文法も似ています。(ちなみにモンゴル語、韓国語、チベット語も同様)このため、ミャンマー人は他の東南アジアの人に比べて、日本語の学習スピードが1.5倍と早いのです。日本語の学習開始からビジネスレベルの日本語(N2)取得まで、早い人は2年でこなしてしまいます。このため、ミャンマーの日系オフショア子会社では通訳に頼らず、IT技術者が日本語で顧客とコミュニケーションできる体制を構築できます。また、日本語を習得した一部の技術者を日本に招聘して、技術者派遣に従事してもらうこともできます。技術者不足の日本のIT業界では、日本語が堪能で温厚なミャンマー人技術者は、高く評価されています。

温和で日本人と親和性の高い国民性

ミャンマー人は温和で、日本人同様に場の空気を読むのに長けています。また、上司や教師を敬う文化があります。日本人よりプライドが高い面がありますが、日本人にとっては、一緒に仕事をしていてストレスになりにくいのが特徴です。

まだ安い人件費とIT人材供給力、そして地理的要因

大卒の初任給は15,000円程度で、中国の約1/4、ベトナムやインドネシアの約半分です。最近、中国からのシフト先として検討されるIT企業様が増えています。今後は高くなっていくのは仕方ありませんが、人件費が安いうちに立上げを行うことができます。また、IT系大学の卒業生の数に対して、IT技術者の求人は少なく、まだ新卒は買い手市場だと言えます。中途採用は、日本語ができる技術者の絶対数が少ないので、あまりお勧めはできません。新卒採用を中心にし、優秀な人材に日本語教育を行って、N2レベルまで育成し、投資を回収していくのが、ミャンマーでは王道と言えるでしょう。人件費が上昇した将来には、オフショア拠点として利用することは難しくなりますが、ミャンマーは5,148万人(2015年)の人口があり、国内市場が比較的大きいうえ、中国やインドやタイといった大消費地に隣接しています。将来的には、日本向けよりも自国や周辺国のビジネスで成長していくことができるでしょう。

オフショア開発委託先の御相談にも乗ります。

「オフショア開発ポータル」を運営しています。

弊社が厳選した日系ミャンマーオフショア開発会社にシステム開発の依頼ができる「オフショア開発ポータル」を運営しています。弊社は現在、ミャンマーでのオフショア開発は行っておらず、中立性が高いご紹介が可能です。海外でのオフショア開発委託先にお悩みの企業様も是非、お気軽にご相談ください。

最新情報をFacebookで発信しております。

お問合せはinfo@myanmar-offshore.co.jpまでお願い致します。